About This Events

Japan Container Days(JKD)はコンテナ活用/クラウドネイティブの現状をひとまとめにした開発者のためのイベントです。
コンテナエコシステムを形成する数多くの技術やソリューションを歓迎します。

開発者とテクノロジーが主体

インフラ/アプリを問わず開発者がメインのイベントです

ベンダーニュートラル

特定企業の製品/サービスに偏らない広い知見を共有できます

Training、Meetup、Conferenceの複合イベント

v18.12は12/3-5の3日間開催!

会場
ソラシティカンファレンスセンター

※トレーニングとMeetupは会場が異なります

日程
2018年12月3-5日

Training + Meetup + Conference!!

定員
各日800名想定

※トレーニングは30名限定です

サービス
ランチとドリンクを提供

アフターパーティーもあります

Event Schedules

会期は3日間、月曜日は有償トレーニングと無償ミートアップ。
カンファレンス初日はキーノート含むジェネラルデイ、カンファレンス2日目はコミュニテイデイです。
※スケジュールは調整中のものです、申し込み開始までに予告なく変更される可能性があります。

1日でDocker/Kubernetesを基礎から学べる少数限定トレーニングを実施します。
※トレーニングとミートアップはカンファレンスと会場が異なるのでご注意ください!

Location: インプレスセミナールーム (千代田区神田神保町 1-105)

JKDの前日夜としてMeetupを企画しました! コンテナ界隈のLTをつまみにビール片手に盛り上がりましょう。カンファレンスに登録されていない方も参加できます。
※トレーニングとミートアップはカンファレンスと会場が異なるのでご注意ください!

Location: TBD(会場スポンサー募集中)

海外スピーカーによる先行する欧米市場での動きや国内の先進事例など、ここでしか聞けないコンテナ活用/クラウドネイティブの最前線をお届けします。

Location: sola city Hall (2F)

スポンサーによるランチセッション(受講数に限りがあります)のほか、ブースやスピーカーラウンジなどで自由に昼食をとっていただけます。

Location: Room B/C (1F) & sola city Terrace (2F)

午後からは4トラックに分かれて20個以上のセッションが繰り広げられます。カテゴリや対象者、セッションレベルなどを参考に自分にあったものを選択してください。なお、ほとんどのセッションは後ほどアーカイブを公開予定です。セッション公募(CFP)も受け付けています。

Location: sola city Hall WEST/EAST (2F) & Room B/C (1F)

参加を希望される場合はAfter Partyが含まれたチケットをお買い求めください。
※会場のスペースや公平性の観点からAfter Partyは別料金となりました

Location: sola city Hall (2F)

協賛コミュニティやCFPによる3トラック20個以上のセッション。カテゴリや対象者、セッションレベルなどを参考に自分にあったものを選択してください。なお、ほとんどのセッションは後ほどアーカイブを公開予定です。

Location: sola city Hall WEST/EAST/Terrace Room (2F)

協賛コミュニティによるワークショップを予定しています。

Location: Room B (1F)

協賛コミュニティによるワークショップを予定しています。

Location: Room B (1F)

Ask Question?

FAQで解決しない疑問や主催者への問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。

どんなイベントですか?
コンテナ活用/クラウドネイティブの現状をひとまとめにした開発者のためのイベントです。2018年4月に第1回を開催し、12月は3日間へ規模を拡大して実施します。前回の様子はハッシュタグ #containerdaysjpFlickr を参照してください。
セッションへの登壇には4つのパターンがあります、主催者からの招待を待つ(keynoteはすべて主催者企画)、スポンサーになる、後援コミュニティとして発表する。そしてプロポーザルを提出することです。セッション公募(CFP)は一次締切を8月末に設定しています、たくさんのご応募お待ちしています!
- セッション公募(CFP)フォーム
- LT公募フォーム(準備中)
ありがとうございます! ボランティアスタッフを随時募集しています、以下のフォームからお申し込みください。簡単な審査を経てスタッフのSlack Teamにご招待します。
- スタッフ申請フォーム
領収書は発行されますか?
EventRegistからの申し込みが完了したら「マイチケット」から領収書データをダウンロードできます(詳しくはヘルプを参照してください)。原則として上記データ以外の対応は行っていません。
複数名の申し込みや12/3の有償トレーニングとの同時申し込みなど、一定の条件下でお受けしています。EventRegistからの申し込み時に「請求書対応希望」をチェックしてください(詳しい条件は申し込み開始後にEventRegistの説明をご確認ください)。
キャンセルの実施日が申込日から50日未満の場合はクレジットカードによる返金手続きとなります(クレジットカード会社の締め日をまたぐと返金が翌締め日のタイミングとなることがあります)、また50日以上経過している場合は口座振込となります。請求書対応の場合のキャンセル方法については個別にお問い合わせください。
なお、システム上で参加者情報を変更する(チケットを譲渡する)ことも可能です。

Sponsors

TBA

Supporters

Community

Staff

Noriyuki Suzuki

Masaya Aoyama

Kohei Ota(inductor)

Mitsunori Seki

Tsukaman

kazuhiro shimizu

Tadahiro Yasuda

sakajunquality

yasuhiro nishiwaki

YANO Tetsurou

Ryoma Fujiwara

Kazufumi Saito

Our Pricing

準備中(チケットの販売は9月上旬を予定しています)

アップデート情報を受け取るにはメールアドレスを登録してください

Code of Conduct

イベント主催者は、参加者が人権侵害や差別を受けることのないよう努力しています。本イベントは技術情報の共有や技術者同士のコラボレーションを目指したものです。講演者、来場者、スポンサー、展示関係者、スタッフなどすべての参加者は、いかなる形でもハラスメントに関わってはなりません。ハラスメント行為を目撃したり懸念を感じた場合はイベントスタッフに速やかにお知らせください。

容認できない行為

  • 性的な言語や画像の使用
  • 個人的な攻撃
  • 侮辱/軽蔑的なコメント
  • 公的または私的なハラスメント
  • 許可なく他人の個人情報を公開すること
  • その他の非倫理的な行為

この行動規範はLinux Foundationのドキュメントを参考にしています。