Japan Container Days v18.12

2018.12.04-05 @ sola city Conference Center
SAVE THE DATE!!

v18.04(2018/04/19) Program

HALL A(2F) HALL B(2F) ROOM 1(3F)
09:00-10:00 Registration
10:00-11:45 [Opening Act] Welcome to JKD!! [Noriyuki Suzuki(Think IT)]

[keynote K-1] Production User Stories
サイバーエージェントにおけるプライベートコンテナ基盤AKEを支える技術
[Masaya Aoyama(CyberAgent)]
マイクロサービスアプリケーションとしての機械学習
[Takuma Yamaguchi(Mercari)]
"Yahoo! JAPANのKubernetes-as-a-Service"で加速するアプリケーション開発
[Masaya Ozawa(Yahoo! Japan)&Kazuki Suda(Z Lab)]
※午前中のHALL Bはサテライト会場となります、メイン会場のHALL Aは先着250名です※
-
12:00-12:40 [lunch A-L]
Kubernetes x PaaS - コンテナアプリケーションのNoOpsへの挑戦
[Yoichi Kawasaki(Microsoft)]
[lunch B-L]
Kubernetesセキュリティベストプラクティス
[Ian Lewis(Google)]
-
13:00-13:40 [A-1]
2018年のDocker・Moby
[Akihiro Suda(NTT/dockerjp)]
[B-1]
Cloud Native Apps入門
[Takuya Noguchi(iRidge/dockerjp)]
[CFP C-1]
Custom MetricsとMultiple Metricsを使ってKubernetesのクラスタの強みを最大限活用する
[Kodai Sakabe(Wantedly)]
Container Networking Deep Dive
[Hirofumi Ichihara(NTT)]
14:00-14:40 [A-2]
CoreOS買収を経てさらに加速する エンタープライズKubernetesとしてのOpenShift
[Nobuhiro Sue(Red Hat)]
[B-2]
今こそKubernetes。最高の仕事道具で使いこなそう
[Kazufumi Saito(IBM)]
[C-2]
Spinnakerを利用したKubernetesへの継続的デリバリ
[Takashi Mizouchi(AP Communications)]
15:00-15:40 [A-3]
Kubernetesの運用設計ガイド
[Seigo Uchida(Mercari/k8sjp)]
[B-3]
Kubernetesのない世界 すべてがサーバーレスになる
[Shingo Yoshida(Section-9/Serverless)&Yasuhiro HARA(SUPINF/Serverless)]
[CFP C-3]
Helmを利用したKubernetes as a Serviceの実装
[Motohiro Otsuka(NEC Solution Innovators)]
Google Kubernetes Engineにおけるバッチ処理のパターン
[Shota Yoshikai(Kabuku)]
16:00-16:40 [A-4]
Dockerだけじゃないコンテナruntime徹底比較!
[Makoto Hasegawa(CyberAgent)]
[B-4]
〜ベンダーロックインを回避せよ〜 Kubernetesコンテナー管理OSS、Rancher 2.0の全貌
[Yosuke Shindo(Rancher Labs)]
[C-4]
『コンテナ疲れ』と戦う、k8s・PaaS・Serverlessの活用法!
[Kazuto Kusama(Pivotal)]
17:00-17:40 [A-5]
Istioと共にマイクロサービスに立ち向かえ!
[Aya Igarashi(Z Lab)]
[B-5]
CNCF: Evolving the Container Landscape
[Chris Aniszczyk(CNCF)]
※英語での講演となります※
[CFP C-5]
Fluentd and Distributed Logging in Container Era
[Masahiro Nakagawa(Treasure Data)]
※会場転換のため1枠20分となります※
18:00-20:30 [P-1] After Party!!
ワクワクする企画を準備中なのでお楽しみに!
(総額うん十万円の抽選会もあるよ)
※3FのROOM 1-4ぶち抜きで開催します※

講演内容の詳細については, イベントレジストの申し込みページからログインして申し込みフローを進めていくとタイムテーブルを確認できます.

Register

5/7には1日でDocker/Kubernetesを基礎から学べるTrainingを実施します.

Japan Container Days v18.12

次回開催は2018年12月4-5日の2Daysを予定しています.

Japan Container Days v18.04

2013年に登場したDockerを発端とするコンテナ界隈の急速な変化が, 標準仕様の策定やオーケストレーションツールのKubernetesへの収束により, ようやく落ち着きを見せつつあります.

その一方で, より多くのサービス/ソリューションが提供されると同時に, 本格的なハイブリッド・マルチクラウドの活用が進み, マイクロサービス化の動きも拡大をみせていくことでしょう.

k8s/Dockerを中心としたコンテナ活用の現状をひとまとめにし, 技術コミュニティが主導する開発者のためのベンダーニュートラルなイベントJapan Container Days v18.04を開催することをここに宣言します.

Contact

イベント全般に関するお問い合わせはこちらからお願いします.

Organizers